カテゴリー:誤送信を防止する方法

メルマガの挿入タグ間違い

多くのメルマガ配信システムには、データベースの項目を挿入する機能があります。これを使う事により、1対1のメールのように送ることが出来ます。その際、【__c20__】のようなタグを使…

詳細を見る

配信データの作成ミスによる誤送信

メルマガ配信システムなどを利用し、一斉送信をおこなう際はデータの取り扱いに十分注意する必要があります。エクセルの操作を間違えるだけで、重大な配信ミスに繋がることがあります。 たと…

詳細を見る

配信対象者の選択ミス

メールを一斉送信するときに、配信対象者を間違ってしまうという人為的ミスによる誤送信の事例も豊富にあります。 2014年12月17日には、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学が不…

詳細を見る

メーリングリスト宛に送信

メーリングリスト(以下、ML)を活用した誤送信事例も多数あります。 メーリングリストは、特定の話題に関心を持つグループ内で情報交換をする際に利用されています。たとえば、ビジネ…

詳細を見る

添付ファイルの選択ミス

誤送信の中でも被害が大きくなりがちなのが、添付ファイルの選択ミスです。 対象のファイルを選択して添付。もしくは、ドラッグ&ドロップで添付。添付の仕方も色々とあります。メールソ…

詳細を見る

転送すべきものを返信してしまった

メールは、ボタン一つで返信(全員に返信)、転送が出来ます。その手軽さゆえ、仕事でこれだけ活用されているわけです。しかし、このボタン一つの操作が、誤送信を生むことがあります。 …

詳細を見る

BCCに入れるべきものをTOやCCに入れてしまった

一斉送信時によくあるトラブルがこのBCCにまつわるものでしょう。BCCとは、ブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)の略です。 BCCに入力されたメ-ル…

詳細を見る

宛先間違い

メールは宛先に入力されているアドレスに届きます。そのため、アドレスが違えば間違った相手に届いてしまいます。送信先のメールアドレスが存在しなければ「Delivery Status…

詳細を見る

検索