大牟田市でメールの誤送信

大牟田市は4月4日、税務課が送ったメールに、誤って送信先の全192事業者のアドレスを表示していたと発表しました。(毎日新聞より抜粋)
https://mainichi.jp/articles/20170405/ddl/k40/010/522000c

平野友朗のコメント

毎日新聞の記事によると「電子申告できなかったと思われる対象者に注意喚起のメールを送った際に誤送信が発生した」そうです。細かくは触れられていませんでしたが「事業者全員分のアドレスが表示されていた」とのことですので、CCとBCCを間違ったことが原因だと推測されます。この手の間違いは、どこの組織でも起こり得ます。同報配信ソフトを使うのが今のところベストな解決策でしょう。


平野友朗

平野友朗

株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役
一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事

年間の研修登壇回数140回以上、著書は23冊。ビジネスメールに関する取材を400回以上受けるビジネスメール教育の第一人者。認定講師の養成を手がけ、「ビジネスメール実務検定試験」を立ち上げるなど、ビジネスメール教育の普及に尽力している。

スポンサーリンク

関連記事

検索