別の上司へ誤送信

img_608_01

社内間でのメールのやり取りでの話です。総務の部類のやりとりで上司・Aが担当している仕事内容のメールを、間違えて上司・Bへ送信してしまったという失態をしてしまいました。

いくら同じ会社だとはいっても、話が漏れるとまずい内容もあるわけで、かなり青ざめてしまいました。最悪、会社に居られなくなるかもしれないという覚悟もしました。当然、謝罪しましたが、さほどお叱りを受けなかったことが、逆にかなり怖かったです。

また、誤信メールを受けてしまったこともあります。見積もり関係のメールがなぜか、私のメールアドレス宛てに来ていたことありました。
すぐに先方に確認したところ、完全に間違いだったということでしたが、誤送信先が企業で良かったとしか思えません。何故なら、そのメールは個人のお客様の見積もり情報だったためです。当然、これは削除しました。(35歳/女性)

ビジネスメール講師・ 長野裕香 より

青ざめてしまうお気持ち、よくわかります。特に問題がない内容であったとしても、「しまった」という気持ちになりますよね。次、同じことを起こさないためには、なぜ間違えてしまったのかを明らかにし、かつ、送信前にメールを一読チェックする際には、「宛先アドレス」も、チェック対象として含めるといいですね。


長野裕香

オフィスミカサ 代表 長野裕香

元、市職員。情報システム部門に約10年在籍。市民、市役所内部、大手企業の担当者等、さまざまな相手と、メールでやり取りを行ってきた経験から、メールの重要性を痛感。現在は講師として、講演や執筆などでビジネスメール教育の普及を行う。これまでの送受信実績は10万通を超える。

スポンサーリンク

関連記事

検索